莉加さん最後の言葉。パパはお金だけじゃなくて死んだら私のためにかたきを討ってくれるのかな。莉加さんの遺書の最後の言葉。

9A4A992615ADw295h267.jpg

莉加さんが集めていた膨大なOのLINEやOの不正の証拠の最後にこう書いてありました。莉加さんのお父さん早く気づいてあげてほしい。。。お父さんがOに黙れていなかったら私たちもこんなブログ書いてない。

パパはお金だけじゃなくて死んだら私のためにかたきを討ってくれるのかな。

他の

証拠もあつめて

ます。

別に保存します。

パパせめてOさんに親らしい態度をとってください。S水さんに迷惑かかるかもしれないし遺書にはOさん働いてるから書かなかった。わたしはS水さんの子供になりたかった。でもせめて本当のパパにお願いしたい。0さんを許さないで。S水さんごめんなさい。

一年以上誰も見つけてくれなかったら勝手に公開されます。最期のワガママをゆるしてください。Mさん。Cさん。Yさん。Sさん。お願いします。

Oさんに汚すだけ汚されて結婚もしてくれなかったから死ぬ。嘘つきの都合の良い結婚する価値もない女なんて生きてる価値もない。Oさんの言うとおり生きてる価値なんて私にはない。S水さんごめんなさい。パパママごめんなさい。でもママのせいでもあるよ。パパ最後に助けて。

Oさん

OOOO 滋賀県立大学 滋賀県米原出身 1979年産まれ

絶対許さない。



5 COMMENTS

ビ・ハイア事件の真実を求めるもの

 

最初は「なんだこのブログ」と思ってたけど、どうやらデタラメでもなさそうですね…。

疑ってすみませんでした。

O氏が自由にLINEができて自由にお金を使えて自由に出掛けることが出来た、っていうのは事実なんだと思いました。

さすがにO氏と女性とのLINEのやり取りがねつ造だとは思えないですし。

ということは、「乾燥大豆を1日1食与えられていて、監視されて職場からもまともに出られない」っていう主張は疑わしいなと感じました。

あなたの書いている内容をまだ100%全て信じている訳ではないのですが、真実は他にあるんだと思っています。

あなたのブログを見て同じように考え始めている人は沢山いると思います。

あなたが知っている真実を公開してほしいです。

頑張って下さい。

返信する
服部 健次

1

こちらのブログを見て、私もO氏がOさんや会社を裏切ったのではないかと考え始めています。

でもおかしいのは、S水さんもイスを蹴るパソコンを叩き壊すなど、毒親にも勝るとも劣らないことをやっています。それが日常的だったとしたら、毒親を罵る資格はないです。

こうして父親を最後に頼りにしているのは、家族の情があったからに他ならず、毒親をはっきりと憎め、距離を取れ、というアドバイスが果たして適格なものだったのかを考える余地はあると思います。

時系列が定かではありませんが、

お父様も、S水氏からネット動画の場で公然と毒親として非難され、距離を取らされていたのは事実なのですから、会社の内情など理解できないし、助けようもなかったのかもしれません。

ビハイアの社風を支えてきたのがコーチング理論であることは間違いなく、そこでは、自分に正直に欲望をかくすな、とか、好きなことをして生きるなど、とにかく伝統的な価値観を壊すようなことを是とする空気があったことは確かです。そこから、不倫などおかまいまし、の人間が出てきても不思議ではないと私は考えています。

返信する
niwareiko207

 

私たちは匿名の卑怯者で弱虫です。疑われても仕方ないんです。実名顔さらしできたらいいですが私たちにはその勇気がない。。。。

> 最初は「なんだこのブログ」と思ってたけど、どうやらデタラメでもなさそうですね…。

> 疑ってすみませんでした。

>

> O氏が自由にLINEができて自由にお金を使えて自由に出掛けることが出来た、っていうのは事実なんだと思いました。

>

> さすがにO氏と女性とのLINEのやり取りがねつ造だとは思えないですし。

>

> ということは、「乾燥大豆を1日1食与えられていて、監視されて職場からもまともに出られない」っていう主張は疑わしいなと感じました。

>

> あなたの書いている内容をまだ100%全て信じている訳ではないのですが、真実は他にあるんだと思っています。

>

> あなたのブログを見て同じように考え始めている人は沢山いると思います。

>

> あなたが知っている真実を公開してほしいです。

>

> 頑張って下さい。

返信する
niwareiko207

 

私はビハイアを知りません。だから憶測です。清水有高がパソコン壊して怖いとか莉加さんから聞いたことはないです。椅子を壊したのはむしろネットにあげるネタとしてやったんだと莉加さんが言ってました。あと、莉加さんは清水有高に言われておとうさんとは会うよう言われてて何度か会ってます。むしろ莉加さんのおとうさんがなかなか会ってくれないと莉加さんが悲しんでました。その時間は自由にとれてた。お母さんとの確執が深いけどおとうさんとは話し合いが足らないだけかもしれないし話してみたら?と言われてたみたいです。動画の配信は莉加さんがやりたいけど一人でやるのが怖いから清水有高が手伝ってくれていてうれしい。いろんな人に勇気を与えてると言ってました。

不倫がOKならコーチングって最悪ですね。レイプもOKと言うことですか?ありえない!!!!

> こちらのブログを見て、私もO氏がOさんや会社を裏切ったのではないかと考え始めています。

>

> でもおかしいのは、S水さんもイスを蹴るパソコンを叩き壊すなど、毒親にも勝るとも劣らないことをやっています。それが日常的だったとしたら、毒親を罵る資格はないです。

>

> こうして父親を最後に頼りにしているのは、家族の情があったからに他ならず、毒親をはっきりと憎め、距離を取れ、というアドバイスが果たして適格なものだったのかを考える余地はあると思います。

>

> 時系列が定かではありませんが、

> お父様も、S水氏からネット動画の場で公然と毒親として非難され、距離を取らされていたのは事実なのですから、会社の内情など理解できないし、助けようもなかったのかもしれません。

>

> ビハイアの社風を支えてきたのがコーチング理論であることは間違いなく、そこでは、自分に正直に欲望をかくすな、とか、好きなことをして生きるなど、とにかく伝統的な価値観を壊すようなことを是とする空気があったことは確かです。そこから、不倫などおかまいまし、の人間が出てきても不思議ではないと私は考えています。

返信する
niwareiko207

 

私はビハイアを知りません。だから憶測です。清水有高がパソコン壊して怖いとか莉加さんから聞いたことはないです。椅子を壊したのはむしろネットにあげるネタとしてやったんだと莉加さんが言ってました。あと、莉加さんは清水有高に言われておとうさんとは会うよう言われてて何度か会ってます。むしろ莉加さんのおとうさんがなかなか会ってくれないと莉加さんが悲しんでました。その時間は自由にとれてた。お母さんとの確執が深いけどおとうさんとは話し合いが足らないだけかもしれないし話してみたら?と言われてたみたいです。動画の配信は莉加さんがやりたいけど一人でやるのが怖いから清水有高が手伝ってくれていてうれしい。いろんな人に勇気を与えてると言ってました。

不倫がOKとか・・・なにそれ・・・コーチングって最悪ですね。

> こちらのブログを見て、私もO氏がOさんや会社を裏切ったのではないかと考え始めています。

>

> でもおかしいのは、S水さんもイスを蹴るパソコンを叩き壊すなど、毒親にも勝るとも劣らないことをやっています。それが日常的だったとしたら、毒親を罵る資格はないです。

>

> こうして父親を最後に頼りにしているのは、家族の情があったからに他ならず、毒親をはっきりと憎め、距離を取れ、というアドバイスが果たして適格なものだったのかを考える余地はあると思います。

>

> 時系列が定かではありませんが、

> お父様も、S水氏からネット動画の場で公然と毒親として非難され、距離を取らされていたのは事実なのですから、会社の内情など理解できないし、助けようもなかったのかもしれません。

>

> ビハイアの社風を支えてきたのがコーチング理論であることは間違いなく、そこでは、自分に正直に欲望をかくすな、とか、好きなことをして生きるなど、とにかく伝統的な価値観を壊すようなことを是とする空気があったことは確かです。そこから、不倫などおかまいまし、の人間が出てきても不思議ではないと私は考えています。

> こちらのブログを見て、私もO氏がOさんや会社を裏切ったのではないかと考え始めています。

>

> でもおかしいのは、S水さんもイスを蹴るパソコンを叩き壊すなど、毒親にも勝るとも劣らないことをやっています。それが日常的だったとしたら、毒親を罵る資格はないです。

>

> こうして父親を最後に頼りにしているのは、家族の情があったからに他ならず、毒親をはっきりと憎め、距離を取れ、というアドバイスが果たして適格なものだったのかを考える余地はあると思います。

>

> 時系列が定かではありませんが、

> お父様も、S水氏からネット動画の場で公然と毒親として非難され、距離を取らされていたのは事実なのですから、会社の内情など理解できないし、助けようもなかったのかもしれません。

>

> ビハイアの社風を支えてきたのがコーチング理論であることは間違いなく、そこでは、自分に正直に欲望をかくすな、とか、好きなことをして生きるなど、とにかく伝統的な価値観を壊すようなことを是とする空気があったことは確かです。そこから、不倫などおかまいまし、の人間が出てきても不思議ではないと私は考えています。

返信する

コメントを残す