Oは二兎を追ってしまった。マスコミと裁判所で違うことを言ってしまったOの心の中。

もし私たちが警察に逮捕されたら?もし私たちがOに訴えられたら?Oはここに書かれていたこと自体が真実だったからこそもみ消したかったのです。私たちはOに何度も何度もブログに納得がいかない、記事に問題があるというならちゃんと反論してくださいと伝えました。それでも一切無視です。なぜ反論できないかというとO自身が裁判で認めたことだからです。マスコミと裁判所で違うことを言ってるから反論ができないのです。

Oはマスコミや世間を味方につけようとして嘘を言いました。それが「奴隷的拘束をうけて無一文状態」「乾燥大豆」「GPSの監視」などです。でも裁判所では「ビハイア以外から数百万円もらった」「自由に出会い系サイトを使えてデートができた」「自分の性行為を会社のiPhoneで撮ることもできた」くらいです。完全に矛盾してます。だからOはTwitterで反論ができないのです。

OはTwitterで反論すると嘘を重ねることになるので裁判で負けます。かといって裁判所でみとめたことをTwitterに書くと世間から叩かれます。自分が大事にしてきた被害者のイメージが崩れるからです。未だに何の反論もありません。反論をお待ちしています。

そういえばOさんは自分が刑事告訴を受けたときに「清水有高の報復だ」と言っていましたよね?あなたが私たちに警察を動かしたらそれは報復ですよね?自分がやられたら報復で、自分がやるときだけ正義ですか?違いますよね?


コメントを残す