ビハイアパワハラ事件でとてもいいコメントもらいました。Oさんは無一文状態ではなく実質的に無一文状態だったのでは?

ビハイアパワハラ事件でとてもいいコメントをもらいました。変な批判コメントも多いけどこういう素朴な疑問があるととてもうれしいです。コメントの内容はこれです。

「数百万の報酬-清水氏からの借金=実質無一文」というのを「無一文」という言葉にまとめたのかなと思うと少し印象が変わってくるな、ということです。

まず従業員が雇われてる会社のお客さんから給料とは別に数百万もらってたら犯罪だと思います。あとOさんはマスコミには従業員といいつつ裁判所には業務委託契約のみ提出されています。ここも矛盾しています。それらのツッコミどころ満載な話はいったん置いておいてそれでもOさんは清水有高に支配されていてお金がなくてやむを得ずほかの会社からお金を受け取っていたとします。

ビハイアがOさんを訴えてる裁判の資料にOさんの通帳が証拠として提出されています。そこに詳細なお金の流れが書いてありました。一時期これはネットにアップされていたので知ってる人もいると思います。そこにはとても「数百万の報酬-清水氏からの借金=実質無一文」の構図は成り立たないお金の流れが書いてありました。これはコメントいただいた方が自分で東京地方裁判所にいってOさんがビハイアに訴えられてる裁判の証拠書類をみるといいと思います。

その証拠提出されてる通帳の履歴にはとても細かくOさんがどこの会社からいくら受け取ってどの女性にいくら払ったか書いてありました。生活費ではないです。いろんな女性に何百万も振り込んでいます。でもここに全部書いたら読みにくくなるのでよかったらOさんが被告でビハイアが原告(ビハイアパワハラ事件とは逆)の裁判を東京地方裁判所に電話して記録を見たいと聞いてみてはいかがでしょうか?事件番号は今手元にないのでわからないです。ごめんなさい。


コメントを残す