ビハイアパワハラ裁判の真実を裁判所と朝日新聞には任せられない。訴状を読んでLINEのやり取りを一部公開する決意をしました。

このブログを書くに当たって改めて大山莉加さんにご冥福をお祈りします。

私たちは改めて訴状を読み込んで莉加さんが背負ってる物の重さを理解できました。訴状には「とても仲のいい家族で1日100通LINEのやり取りをしていたけど、清水有高のせいで毒親という考えをすり込まれて家族と疎遠になってしまった。その誤解を解くために必死に電話、メール、LINEでやり取りをしていた」と書いていました。でもとても悲しいことなのですけども莉加さんに1日100通のLINEを仲良くしていた証拠は一切提出されていませんでした。そもそも1日100通という数字が不自然です。

そして残念なのが「清水有高のせいで毒親という考えをすり込まれて家族と疎遠になってしまった。その誤解を解くために必死に電話、メール、LINEでやり取りをしていた」の部分です。莉加さんから話を聞いていただけどこんな風に連絡なんかなかったです。訴状にも莉加さんの家族がたくさん電話、メールL、INEをした証拠は一切添付されていませんでした。



莉加さんと家族が仲がよかった時代は1日100通LINEをしていた→証拠なし

莉加さんの毒親の誤解を解くために家族が電話、メール、LINEをした→証拠なし

莉加さんのご家族がビハイアを提訴したのは2018年10月17日です。莉加さんは2018年2月25日に亡くなってしまいました。そのあいだ8ヶ月も時間があります。十分準備ができたと思います。莉加さんのご家族の手元には莉加さんに連絡を取ったとする電話もパソコンもあったと思います。証拠は簡単に提出できるはずなんです。でも何もありませんでした。証言だけがあります。

仲がよかったのは本当なのでしょうか?

誤解を解くために連絡したのは本当なのでしょうか?

私たちは何も証拠がない(しかも簡単に用意できるはず)のにどうしてこんなことが言えるんだろうととても悲しくありました。莉加さんとのLINEとメールをご家族はすべて消去してしまったのでしょうか?愛する娘さんとの記録ならそんなことするでしょうか?1日100通もLINEをしていたと訴状に書いているのに?(仮に本当にそんなにやり取りしていたらむしろ普通ではないと思いませんか?)

私たちは莉加さんから今一生さんの「日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?」と言う本を薦められて読んでいました。

A1iNNQTS_AL.jpg

でも何もわかっていませんでした…ここに書いてあることほど酷いことをされていたのではなくどこかで親は娘さんを愛していると思っていました。みなさんもそう信じたくありませんか?

訴状を読む限りその証拠は何もないんです…仲がよかったというのも誤解をとために連絡したというのも訴状には証言だけがあって電話もメールもLINEも書いてないです。怖いです。

莉加さんは少なくともブログや動画に「家族関係で苦しんでいた」と切々と書いてました。あれは血の通った文章だと思います。

私たちは色々とブログを書いてきましたけどこのLINEを公開するのをためらっていました。私と莉加さんのやり取りです。莉加さんからLINEのスクショが送られてきました。このやりとりは今まで親御さんを攻撃することになるので可哀想で公開していませんでした。けど訴状を見る限り親御さんの行動がおかしいです。訴状には連絡をたくさん莉加さんにしたと書いてましたけど莉加さんはそんな風に言ってませんでした。訴状にも連絡の履歴は証拠添付されていませんでした。不自然すぎないでしょうか?私は大下に親御さんが騙されていると思っていましたが違うみたいです。とても悲しいです。

2018年2月のやり取りです。とても悲しくなりました。莉加さんから送られてきたとき本当に私たちは真剣に対応すべきでした。泣きながらこの文章を書いています。でも冷静に事実をちゃんと書かないと駄目だと思ったのでちゃんと書きます。

莉加さんから送られてきたスクショ1

LINEスクショ莉加さん_8598

莉加さんから送られてきたスクショ2

LINEスクショ莉加さん_8599

莉加さんから送られてきたスクショ3

LINEスクショ莉加さん_8600

私のLINE画面

LINEスクショ莉加さん_5010

莉加さんが何にこんなに謝っているのか私たちにはわかりません。絶縁状というのは訴状にも書いてあった莉加さんが莉加さんの親に向けて書いたものです。この前渡したというのはこのブログを作るきっかけになった莉加さんからの不正のデータ、証拠類です。

絶縁状が訴状については書かれているのはこれです。

その後、原告大下と原告桜井は、午前5時から6時ころに寝した。そのとき、故莉加はまだ起きており、午前6時4ころまで、原告大山ら及び妹にあてた「絶縁状」の案文をメールで作成し(甲20・メール)、「文章作成しました。これで問題なければ送信します」というメールを被告送信した。なお、故莉加は、「絶縁状」を実際に原告大山らに送信はしていない。その後、故莉加は、午前7時ころに就寝したようであった。

絶縁状はこう書いていました。どんな気持ちで書いていたんでしょうか。

大山賢次様大山淳子様大山早稀様

私は、本日限り,貴方がたとの親子姉妹関係を絶縁します。以後,貴方がたと私は親でも子でも姉妹でもありません。

また、二度と貴方がたの前に姿を現したりしません。

以上を、誓うため本日、誓約書を差し入れます。

平成30年2月25日大山莉加

これは一体どういうことなんでしょうか。本当に悲しいです。私が紹介したLINEは訴状にはなかったです。民事裁判というのは真実の解明が目的ではないんです。お互いの主張をぶつけ合うだけです。莉加さんの死の原因は埋もれてしまうと思いました。これを公開するのはとても怖いです。皆さんはどう思われますか?

家族のことなのでもしかしたら私たちの知らない何かがあるのかもしれません。大下周平さんや桜井悠太さんについてもほかにもLINEを私たちは莉加さんからもらっていたけどこれだけはまず公開しようと思いました。もしかしたら大下周平さんや桜井悠太さんは別の意図を込めてLINEをしていたのかもしれません。

とにかくこの裁判は不自然なんです。莉加さんのご家族が莉加さんに訴状では「仲がよくて1日100通LINEしていた」とか「毒親という誤解を解くためにメール、LINE、電話をたくさんした」と書いてるけどその証拠もない。

さらにこの訴訟を起こして記者会見をされた大下周平さんは「ビハイアから奴隷的拘束をうけて無一文状態あった」と言っていたけども私たちが調べてまとめたかぎりこんな状況でした。

現時点の大下周平さんの矛盾まとめ。

大下周平さんはマスコミに対しては「24時間GPSで清水有高に監視されていて、金銭の使用も制限されていた。乾燥大豆しか食べさせてもらえなかった。奴隷的拘束をうけて無一文状態にあった。さらにパワハラをされていた。そのせいで現在PTSDになった」と主張してました。

でも結局こんな状況でした。

大下さんは女性と自由にデートできてLINEもできた(LINEは自分のものだと大下さんが認めました)

大下さんは無一文状態どころではなくビハイアすら騙して600万近いお金を得ていた。しかもしれで刑事告訴されている(お金を受け取った事実を裁判所で大下さんが認めた)

大下さんは乾燥大豆どころか豪華な食事を様々な場所で楽しんでいたし恋人と食事を作ることもできた(大下さんのLINEにそのやり取りがある)

大下さんは奴隷的拘束をうけて無一文状態から命からがら逃げ出したというのに以前からお金をもらっていたイースマイルさんの関連会社の社長になっている。

参考LINE 

https://ooyamasan.com/archives/2586

朝日新聞さんがこの件を

朝日新聞記事

「生きてるだけで迷惑」女性自殺、社長をパワハラで提訴

https://www.asahi.com/articles/ASLBK46HZLBKULFA00P.html

朝日新聞ビハイア

このように報道をしましたけども朝日新聞さんの役目は提訴した内容をそのまま書くのではなくてこのような裏側をきちんととることではないでしょうか?そして公平な取材をして真実を追究していくことではないでしょうか?朝日新聞さんの取材、報道姿勢もおかしな事がたくさんあります。この裁判でも莉加さんの死の原因はわからないし、朝日新聞さんも莉加さんの死の原因を取材することには興味がなさそうです。私たちは自分なりに調べたおかしい点をまとめてブログに書いて朝日新聞の代用問い合わせアドレス、朝日新聞の公式Twitter、朝日新聞子会社のハフィントンポストさんの記者たちにメッセージを10通近く送りました。でもすべて無視されています。

ビハイアパワハラ事件 朝日新聞の裁判記事の取材姿勢の不自然さを考えました。読売新聞社などと比べても不自然。

https://niwareiko207.blog.fc2.com/blog-entry-293.html



ビハイアパワハラ事件を報じた朝日新聞の記事について事実を元に疑問点がありまとめました。

https://niwareiko207.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

メディアのお仕事、役目というのはなんなのでしょうか?とにかく莉加さんの死の原因を私たちなりに追求していきたいです。朝日新聞さんが紹介しているビハイアを訴えたLINEの証拠テキストデータでした。テキストデータは簡単に改ざんされる物です。やっぱりスクショの方が強いとともいます。でもスクショだとイメージが強すぎて衝撃的です。でも公開するしかないのかな…と悩んで公開しました。テキストデータは簡単に改ざんできるけどスクショだってできるじゃないか、と言う意見が絶対に出ると思います。だからこそ簡単に朝日新聞さんが報道すべきじゃないと思います。

訴状を見ると清水有高が莉加さんを殺したと書いています。それだとしたら殺人事件ではないでしょうか?清水有高を訴えた桜井悠太さんが質問箱で警察は取り合ってくれなかったと書いています。それなのにまるでこれは提訴会見と言うよりは事件の発表に見えます。おかしいのではないでしょうか?もちろん裁判するのは自由です。でも人の死を断定的に言うのはおかしいのではないでしょうか?

質問箱桜井悠太警察

そしてこの事件をネットで見守っている人たちはテキストデータどころか画像データだって改ざんができる、裁判が終わるまでなんなのかわからない、と言うことをわかった上で人の死が関わっているからこそ最低でも当事者に直接連絡を取って確認をしたり、裁判所の資料や登記簿謄本などの改ざんしようがない一時資料を見て書くべきです。何も確認せずに好き勝手書くのはやめた方がいいのではないでしょうか?

最後に改めて大山莉加さんへ

救えなくてごめんなさい。

あなたの苦しみをわかってあげなくてごめんなさい。

ご冥福をお祈りします。

丹羽麗子

大山莉加

LINE.jpeg


20 COMMENTS

えりあ

 

PASS: 7993523b0f468f40374433dc2c74a0e0

このLineのスクリーンショットのやり取りを見て

言葉が出ない程に絶句しました、、、

莉加さんが何故、命を犠牲にしなければならなかったのか、、、

世間で伝わった事と余りにも違い過ぎて。

国民は騙された。

莉加さんが浮かばれない、、、

返信する
丹羽麗子

 

怒りと悲しみを抑えてかきました。冷静に書かないと駄目だと思いました。皆さんにお伝えしたいのは大下さん側が発表してるLINEテキストデーターは簡単にねつ造できます。でも私たちのアップしたスクショの画像だって同じなんです。画像だってねつ造だって言われると思います。大切なのはちゃんと裁判資料を見たり登記簿謄本みたり偽造しようがない情報に当たることだと思います。このLINEは衝撃的ですけどあくまでデジタルデータだから補助証拠に過ぎないんです。

> このLineのスクリーンショットのやり取りを見て

>

> 言葉が出ない程に絶句しました、、、

>

>

>

> 莉加さんが何故、命を犠牲にしなければならなかったのか、、、

>

>

> 世間で伝わった事と余りにも違い過ぎて。

>

> 国民は騙された。

>

> 莉加さんが浮かばれない、、、

返信する
えりあ

 

PASS: 7993523b0f468f40374433dc2c74a0e0

補助証拠と言われたら

それまでですね、、、

幾らでも改竄出来ると言われるのかもしれない。

ただ、矛盾が余りにも多すぎる時点で

『おかしい』

と思う人達が増えて欲しい、、、

返信する
丹羽麗子

 

私たちはあえて自分たちのスクショも改ざんできる物(もちろんしてませんが可能性です)だと伝えたいです。その可能性は必ずあるんです。もちろん大下周平さん側が出したテキストデータよりは難しいです。デジタルデータは証拠として弱いんです。その視点を忘れてメディアが報道押したら真実、時部で考えない、調べないのがおかしいと思いました。

> 補助証拠と言われたら

> それまでですね、、、

>

> 幾らでも改竄出来ると言われるのかもしれない。

> ただ、矛盾が余りにも多すぎる時点で

> 『おかしい』

> と思う人達が増えて欲しい、、、

返信する
匿名

 

すいません質問なのですが、これが一部ということは出そうと思えばもっと似たようなスクショがあるということでしょうか?ブログ主が匿名(わたしもそうですが)なので、このスクショを確信するということはできないのですが・・・。

返信する
丹羽麗子

 

たくさんあります。友達だったから日常の会話から相談事までたくさんあります。それが普通だと思います。でも親御さんが訴状に書いてあるように1日100通LINEというのはしてません。

> すいません質問なのですが、これが一部ということは出そうと思えばもっと似たようなスクショがあるということでしょうか?ブログ主が匿名(わたしもそうですが)なので、このスクショを確信するということはできないのですが・・・。

返信する
WDKD

 

PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747

清らかな大山さんの精神をけがしておきながら、

水に流せ、悪いのはビハイアなんだ!と裁判まで起こした

自分本位な人達に驚きが隠せません。ツイッターではいい人を

演んじているのかもしれませんね。こわいこわい。

返信する
丹羽麗子

 

時期を見て出そうと思っています。整理すると悲しくなってきます。

> 是非ほかのLINEのスクショもだしてください!

返信する
WDKD

 

PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291

清らかな大山さんの精神をけがしておきながら、

水に流せ、悪いのはビハイアなんだ!と裁判まで起こした

自分本位な人達に驚きが隠せません。ツイッターではいい人を

演んじているのかもしれませんね。こわいこわい。

返信する
丹羽麗子

 

裁判というのは自分にとって有利なことをするために主張します。でも今回のはあまりにも矛盾が多いと思います。

> 清らかな大山さんの精神をけがしておきながら、

> 水に流せ、悪いのはビハイアなんだ!と裁判まで起こした

> 自分本位な人達に驚きが隠せません。ツイッターではいい人を

> 演んじているのかもしれませんね。こわいこわい。

返信する
丹羽麗子

 

私たちもこのラインを公開するかどうかは本当に迷いました。あそこまで演じられるのか、ということが怖かったのです。

> 清らかな大山さんの精神をけがしておきながら、

> 水に流せ、悪いのはビハイアなんだ!と裁判まで起こした

> 自分本位な人達に驚きが隠せません。ツイッターではいい人を

> 演んじているのかもしれませんね。こわいこわい。

返信する
WDKD

 

PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291

さすがにこのLineを見れば本性が見えてきますね。

いかに取り繕うが騙されない。誰を信じていいのかわからない。

ここまでイビられていたのか。。。

パンドラの箱を開けたかのような感じ。

すでに公開されているもの中でも、これは一番ひどいものですか?

返信する
丹羽麗子

 

違います。もっとあります。

> さすがにこのLineを見れば本性が見えてきますね。

> いかに取り繕うが騙されない。誰を信じていいのかわからない。

> ここまでイビられていたのか。。。

> パンドラの箱を開けたかのような感じ。

> すでに公開されているもの中でも、これは一番ひどいものですか?

返信する
服部 健次

 

別の観点からです。コーチングを受けた人、または、コーチと接触しているひとのエフィカシー(自己の目標達成能力への信頼感)が高まるといわれています。エフィカシーの高い人は決していじめをしない、だから世界平和につながるのだというのがコーチの主張です。社長も副社長も一応コーチ。会社専属のコーチもいて、他のマスター級のコーチも沢山出入りしているのに何故、エフィカシーが高まらず陰湿ないじめが起こるのでしょうか?私も大金を支払ってコーチングを受けた経験者ですので、不思議です。そしてコーチングを全面に出していたS水氏も副社長もその他の出入りの人々も本当に信頼できる人なのでしょうか?特にコーチングを擁護する人はこのことを説明できますか?

返信する
服部馬鹿登場

 

匿名の証拠ありの情報より実名の馬鹿の方が始末が悪い(笑)おまえはまず証拠を示せ。いくら払ったんだ?誰に?その証拠は?それもなくぐちゃぐちゃ書いてるおまえは実名の馬鹿では?

別の視点というならこのブログ主並みにせめて偽造しようがない情報を集めろよ。ただの言いがかりじゃねーかよwww賢いと勘違いしてる馬鹿はこれだから始末に悪い。

>別の観点からです。コーチングを受けた人、または、コーチと接触しているひとのエフィカシー(自己の目標達成能力への信頼感)が高まるといわれています。エフィカシーの高い人は決していじめをしない、だから世界平和につながるのだというのがコーチの主張です。社長も副社長も一応コーチ。会社専属のコーチもいて、他のマスター級のコーチも沢山出入りしているのに何故、エフィカシーが高まらず陰湿ないじめが起こるのでしょうか?私も大金を支払ってコーチングを受けた経験者ですので、不思議です。そしてコーチングを全面に出していたS水氏も副社長もその他の出入りの人々も本当に信頼できる人なのでしょうか?特にコーチングを擁護する人はこのことを説明できますか?

返信する
服部 健次

 

コーチング擁護者は言葉遣いもおかしいし、質問にも答えられないのですね。

返信する
匿名

 

確かに言葉遣いはよろしくありませんが、服部様が提供された言葉には一次情報や証拠が添付されていません。なのでそういう意味では信頼に足る情報ではないと思います。

>コーチング擁護者は言葉遣いもおかしいし、質問にも答えられないのですね。

返信する

コメントを残す