朝日新聞が全く掘り下げないビハイアパワハラ裁判。莉加さんのLINEをさらに公開して検証したいです。

大下周平さんの裁判所の主張とマスコミでの矛盾点をつくとコーチングや洗脳や清水有高のせいだという意見ばかりです。個人の資質の問題をちゃんと問いませんか?清水有高のせいでこうなった、コーチングのせいで大下さんはこうなった、洗脳されていたから大下さんはこうなった、のはちょっと乱暴な意見ではないでしょうか?

私たちはこれらすべてが洗脳とかコーチングとかのせいだとは思えません。むしろ、大下周平さんの個人的な資質の問題と莉加さんの親子関係の問題がぐちゃぐちゃになって起きた側面もあると思っています。でも莉加さんはちゃんと立ち上がった。莉加さんは親やこういった自分の恋愛のネガティブな部分を今一生さんや安冨歩さんの本を読んで自分なりに自立して立ち上がろうと立ち向かおうとしました。その結果大下周平さんとの関係に亀裂が走ってこんなことにつながったのではないでしょうか?

私たちは少なくともそう思います。昨日深井弁護士が質問箱で興味深いことを答えていました。

深井弁護士さんの質問箱によると大下周平さんは10年以上前から不当な業務委託契約を結ばされていたのです。訴状には2006年からビハイアと契約したと書いてあったので2006年から実質的な労働契約なのに不当な業務委託契約を結ばされていたという主張みたいです。ただしこの主張については訴状には提訴段階で一切証拠が添付されていませんでした。

深井弁護士 2019-06-11 132008png

深井弁護士 2019-06-11 132052png

この入社当初から不当契約を結ばされていたという主張は深井弁護士が答えているので間違いないと思いますが念のため清水有高側の弁護団にも確認のメールを送っています。現時点では「弁護団で打ち合わせしてから回答するので待ってほしい」とメールがありました。すぐに返事があるのでありがたいです。

2006年から2018年までの間不当な業務委託契約を結ばされていた?清水有高の支配下にあった?奴隷的拘束をうけていた???そういう主張なのでしょうか。あまりにんもちょっとこれは………私たちは首をかしげてしまいました。かしげすぎてフクロウみたいに首が一周してしまいそうです。

そもそも大下周平さんが自分で提出した訴状にこのような一文が書いてあります。訴状50ページです。

(11)交際関係への介入 原告大下は、別の女性と結婚していたが、平成21年3月 に故莉加と交際を始め、その後平成22年に離婚し、平成27年5月6日まで故莉加と交際していたが、被告清水の介入もあったため、故莉加とも別れ、以後故莉加とは同僚の関係としてだけの付き合いとなった。

これは大下周平さん側が提出した訴状です。その訴状の一部をテキストデータにしたものです。だから本物を見たい場合はご自身で東京地方裁判所にいって確認してください。もちろんこれは再現した物ですけど実物を見るまではこれを真実だとは決めつけないでください。

2006年から清水有高のせいで(コーチングのせいでもいいです)(洗脳されていたからでもいいです)不当な業務委託契約を結ばされていたというのが大下周平さんの主張ですよね?あまりにも荒唐無稽ではないでしょうか?私たちは不自然だと考えます。なにも清水有高の見方がしたいわけではないです。この裁判についてはすべての発言の矛盾を突いていきます。

(11)交際関係への介入 原告大下は、別の女性と結婚していたが、平成21年3月 に故莉加と交際を始め、その後平成22年に離婚し、平成27年5月6日まで故莉加と交際していたが、被告清水の介入もあったため、故莉加とも別れ、以後故莉加とは同僚の関係としてだけの付き合いとなった。

この大下側が提出した訴状と私たちが手に入れた大下周平さんの矛盾点をまとめると大変な分量になるのでまずは結婚と恋愛関係の視点から矛盾を見てみます。(ほかにも大量にありますが主要な物をまとめます)

2006年 不当な業務委託契約を結ばされる(と原告側は主張。しかし証拠なし)

2009年3月 莉加さんと不倫を開始?(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

2010年 離婚(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

2014年 莉加さんがいながら浮気?(証拠はサイゾービズジャーナルのインタビュー記事)

2015年5月 莉加さんと別れる(訴状に書いてました。ただし事実とは違います)

2016年4月頃 川崎愛美さんと同棲開始結婚すると言ってお金を借りる?(4月に大下と川崎さん宛に不動産会社に送られたメールと川崎愛美さんからのメールが証拠)

2016年7月頃 踏み倒して逃げた?(川崎愛美さんからのメールが証拠)

2016年~2018年2月まで 女性を騙してお金をもらいそれを元に別の女性にお金を払うという行為をする。風俗、出会い系サイトを繰り返す。(通帳の履歴が証拠)

このすべてがコーチングのせい、洗脳のせい、清水有高のせいと言うのはあまりにも暴論ではないでしょうか?不倫をしたのが清水有高の洗脳の結果??そもそも2006年頃から清水有高はコーチング知ってたんでしょうか?よくわかりません。仮にそうだとしたなら大下周平さんに不倫や浮気を莉加さんが清水有高に相談していたのもよくわかりません。

莉加さんが大下周平さんと別れたいと相談したら大下周平さんからそんなこと恥ずかしいから言うなと言われたLINEのスクショもあります。でもあまりにも酷い言葉なのでここには紹介しません。清水有高の洗脳のせいでとかコーチングのせいでこうなったというのは不自然ではないでしょうか?もちろんなにしら関係してると思いますけど大下周平さんの資質や性格についてもあると思いませんか?私たちは少なくともそう考えます。

一つ一つこれを検証したいです。

2006年 不当な業務委託契約を結ばされる(と原告側は主張。しかし証拠なし)

2009年3月 莉加さんと不倫を開始?(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

2010年 離婚(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

2014年 莉加さんがいながら浮気?(証拠はサイゾービズジャーナルのインタビュー記事)

2015年5月 莉加さんと別れる(訴状に書いてました。ただし事実とは違います)

2016年4月頃 川崎愛美さんと同棲開始結婚すると言ってお金を借りる?(4月に大下と川崎さん宛に不動産会社に送られたメールと川崎愛美さんからのメールが証拠)

2016年7月頃 踏み倒して逃げた?(川崎愛美さんからのメールが証拠)

2016年~2018年2月まで 女性を騙してお金をもらいそれを元に別の女性にお金を払うという行為をする。風俗、出会い系サイトを繰り返す。(通帳の履歴が証拠)

まずこれからいきます。

2006年 不当な業務委託契約を結ばされる(と原告側は主張。しかし証拠なし)

これについては原告の証言だけで不当な業務委託契約というのは何もありません。賃金未払いの証拠もありません。なにもありません。昔のこと過ぎてわからないのでしょうか?だとしたらなんでこんな証明不能な主張をされるのでしょうか??

次はこれです。

2009年3月 莉加さんと不倫を開始?(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

これを堂々と訴状に書ける神経が私たちには理解できません。この時点でなお、莉加さんは2010年3月に大学を卒業しています。大学3年生の頃から大下周平さんと付き合っていたことになります。これはあとあと清水有高にバレて大変な騒ぎになったそうです。莉加さんがそのときに大下周平さんが書いた反省文を私たちにスクショで送ってくれていました。これは社内のメールですけども会社のやり取りではありません。

莉加さん1559977384241

ほかにもメールで証拠がありますけど大下周平さんが内定を餌に莉加さんに性交渉を求めたのがきっかけですが……そのメールはあまりにも紹介するのはまだ恐ろしいので伏せさせてください。証拠付きの意見ではなくあくまで現時点では私たちの意見いすぎないという前提でみなさんもこの莉加さんとの付き合い始めのきっかけは考えてみてもらえないでしょうか?

でも訴状で大下周平さん自身が書いてるとおり莉加さんとの関係が始まったのはこの時期からです。

次はこれです。



2010年 離婚(大下周平さんが書いた訴状に書いてました)

この時点で不思議だと思いませんか?皆さんはどう思われますか?大下周平さんは2006年から清水有高の支配下にありながら奥さんがいながら莉加さんと付き合い始めて1年近く莉加さんと奥さんとの関係が続きました。そして離婚しています。

これも清水有高の洗脳のせい?コーチングのせい?仮に洗脳なら莉加さんと大下さんが奥さんがいながら付き合うことが清水有高の利益につながらないと駄目だと思うのですが……そういう事実は莉加さんから聞いてる限り一切ありません。

次はこれです。

2014年 莉加さんがいながら浮気?(証拠はサイゾービズジャーナルのインタビュー記事)

大下周平さんは訴状で2009年3月から2015年5月まで莉加さんと関係があったと書いています。でもサイゾーのビジネスジャーナルでこのようなコメントをしています。


大下発言2019-06-11134639

2014年に、報酬が払われない時期が続いていた時、ちょっと報酬が払われたんで、日曜日、彼女とデートに行こうとしてたんです。そしたら『お前は今まで土日でも、どっか一緒に行こうって言ったら、すぐ行きますって言ってたのに、金が入った瞬間に俺のことをほっとくのか』みたいなことを言われて、『ごめん、急に仕事が入って行けなくなった』って彼女に断りましたよ。それで社長と一緒に出かけたら出かけたで、空いた時間に電話しろとかメールしろとか言われて、仕事もしてましたね」(大下氏)

https://biz-journal.jp/2019/01/post_26408_3.html

これ、私たちが莉加さんから「大下さんが出会い系サイトを使って浮気をしてる?」と相談を受けていた時期と重なります。この発言自体証拠が何も添付されていないので真実かどうか不明です。大下さんのこのコメントはすべて真実かどうか不明という前提で読んでください。このデートの相手が莉加さんなら

『ごめん、急に仕事が入って行けなくなった』って彼女に断りましたよ。

とはならないでしょう?大下さんの主張によれば莉加さんも同様に奴隷的拘束を受けていたのだから断る必要もないはずです。理由は簡単で2014年に大下周平さんが莉加さんと付き合いながら別の女性とも付き合っていたからではないでしょうか?

ものすごく不思議なのですけどなんで訴状に2009年から2015年まで莉加さんと付き合っていたと言いながらインタビューで2014年に別の女性とデートをしていたかのように思わせることを言っているのでしょうか?そもそもこの相手が莉加さんなら記事の趣旨からして「莉加さんとデートに行こうとしたが」と書くはずではないでしょうか?

次はこれです。



2015年5月 莉加さんと別れる(訴状に書いてました。ただし事実とは違います)

これは事実と違います。このあとも莉加さんは大下周平さんとの関係が続いていたと思われる?そういうLINEが私たちの手元に残っています。

次はこれです。



2016年4月頃 川崎愛美さんと同棲開始結婚すると言ってお金を借りる?(4月に大下と川崎さん宛に不動産会社に送られたメールと川崎愛美さんからのメールが証拠)

これが川崎愛美さんのメールのスクショです。このメールによると2016年4月末には川崎愛美さんと同棲するための部屋を借りてないでしょうか?なお、これも奴隷的拘束をうけて無一文状態あり、清水有高に洗脳されて支配下に置かれていた人の行動です。

川崎愛美不動産屋メール

いいことしても清水有高やコーチングの結果

悪いことしても清水有高やコーチングの結果



というのはちょっと違うと思いませんか?

次はこれです。

2016年7月頃 踏み倒して逃げた?(川崎愛美さんからのメールが証拠)



どうやら大下周平さんは3〜4ヶ月ほどで川崎愛美さんと破断したみたいです。あくまで川崎愛美さんからの主張によると大下周平さんは結婚すると言っていてそのために大下周平さんの借金や税金の未払いを300万円近く立て替えてあげたらしいです。

まず、破断してしまった証拠が川崎愛美さんからのメールです。結婚すると言って立て替えたのだからお金を返してほしいというメールです。大下周平さんこちらが全く事実と違う場合は是非連絡をしてください。修正に答えます。私たちにはこれらを見る限り事実のように見えます。皆さんはどう思われますか?

川崎愛美メール

このように破断したのですが川崎愛美さんから恋愛の延長線上ではなくお互い両親を消化した結婚を前提とするつい気合いだったというメールも来ています。

川崎愛美メール


大下さんとはほとんどのやりとりをペアーズというアプリで行ってから出会い、その後LINEでやりとりをしておりました。ペアーズは私が退会したため、ラインは大下さんのアカウントが突然なくなったため&私も機種変更したため、私の方ではやりとりの履歴、保存した資料などが全く確認できない状況です。

文章で残ってない上結婚の話をしていたと証明することは難しいように思えますが、

ただ1つ重要な出来事があります。

私は2016年にゴールデンウィークに両親が東京に来た際に表参道から代々木への引っ越しの手伝いを千葉の親戚と両親にお願いし、また、六本木の料亭で会食を行っております。その時に結婚を考えている方として大下さんを紹介しております。

この出来事も写真が残っているかはわからないのですが、私の両親及び千葉の親戚に紹介しているので人が証言はすることができます。

また、大下さんのご両親からもお祝い金として数万円を頂いたと思うので、先方のご両親も知っていると思います。

これも清水有高に洗脳されたせい?なのはあまりにもちょっと……不思議すぎます。なお、川崎愛美さんはメールで大下周平さんの借金を立て替えた証拠として信用情報を添付されていました。これは実物を確認したわけではなく写メールでかくにしたものです。なので私たちが実物を確認していない前提でご覧ください。

大下周平信用情報1

大下周平信用情報2

次はこれです。

2016年~2018年2月まで 女性を騙してお金をもらいそれを元に別の女性にお金を払うという行為をする。風俗、出会い系サイトを繰り返す。(通帳の履歴が証拠)

大下周平さんの通帳データはネットに公開されていました。それによると複数の女性からお金を受け取り、それを複数の女性に渡している履歴がありました。私たちはそれをさすがに公開はできないので必要な人は自分で確認してください。

通帳金銭調査1モザイク

奴隷的拘束をうけて無一文状態あったと主張された大下周平さんはその通帳の履歴を見る限りビハイアとは別の会社から何百万も受け取っています。これは通帳でも確認できますがビジネスジャーナルの記事で大下周平さんが答えています。


「原告が弊社および代表取締役清水有高に経済的な自由を奪われていたという原告の主張は虚偽です。弊社は原告に正当な報酬を払っていました。更に原告は顧客からの販売代金を不正に個人口座に入金しておりました。その証拠に何年にもわたって顧客から入金されていた原告の通帳があります。現段階においてその金銭は数百万円に及びます。捜査を進めればこの金額は更に増えるものと思われます」

 昨年12月に民事訴訟が始まっているが、被告となっているのは、通帳の持ち主である大下さんのみである。

「僕の通帳ですから、返してほしいですね。通帳があるって知ってれば持って行きましたけど、なくしたと思ってました。それくらい精神が疲弊してました。報酬がなかったので、ビ・ハイアでやってるラクジョブとかラクビジとかとはまったく関係ない仕事をしてました。通帳への入金は、そういう仕事の報酬です」(大下氏)

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/01/post_26408_3.html

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.



まったく理解できないのですけど……「報酬がなかったので、ビ・ハイアでやってるラクジョブとかラクビジとかとはまったく関係ない仕事をしてました。通帳への入金は、そういう仕事の報酬です」と書いています。

訴状には賃金未払いの決定的証拠は一切添付されていない

そもそも奴隷的拘束をうけて無一文状態あったと自分で言ってるのに記事では報酬をもらったと答える

ここに無関係と書いてある会社はすべてゲーム会社でビハイアの顧客に見える

など相当不自然です。昨日公開した訴状の一部にも大下周平さんは自らお金をもらっていたと言っています。認めています。記事でも認めて、裁判所でも認めて、でも記者会見では「現代の奴隷制度」「奴隷的拘束をうけて無一文状態あった」というのって

これも清水有高の洗脳のせい?

コーチングのせい?

なのでしょうか???私たちはこれはコーチングとか以前に

本人の資質

が原因のように思われるのですが…皆さんはどう思われますか?

私たちはこれらすべてが洗脳とかコーチングとかのせいだとは思えません。むしろ、大下周平さんの個人的な資質の問題と莉加さんの親子関係の問題がぐちゃぐちゃになって起きた側面もあると思っています。でも莉加さんはちゃんと立ち上がった。莉加さんは親やこういった自分の恋愛のネガティブな部分を今一生さんや安冨歩さんの本を読んで自分なりに自立して立ち上がろうと立ち向かおうとしました。その結果大下周平さんとの関係に亀裂が走ってこんなことにつながったのではないでしょうか?

私たちはそんな印象も受けました。もちろんまだわからないことだらけなので莉加さんが私たちに託してくれたデータとこれから進むであろう裁判を追いかけて考えていきたいです。

是非シェアしていただけないでしょうか?皆さんで考えていきたいです。

この記事をシェア・リツイートされる方はみなさんの法的権利を守るためにも清水有高・大下周平の名誉を守るためにも下記を参照してください。

https://niwareiko207.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

注意

ここに紹介してるスクショにねつ造では?と疑うとちゃんとおかしい画像が一つ含まれています。以前の記事にも一つだけ入れました。なぜこんなことをするかというとLINEのスクショだけで信じてほしくない、ちゃんとこの記事を疑ってほしいからです。もちろん本物のスクショばかりです。でもあえて疑うとおかしいという物を入れてあります。

大下側が提出してるLINEのテキストデータもそうですがスクショだってねつ造はできます。その可能性をしっかり考えて、真実は自分の目で一次情報や偽造しようがない公的的文書を見て考えるという風にしてください。私たちはそれを頑張りました。私たちのブログを見てただちに「大下周平が嘘をついていた!」というのは間違いです。それは昔の私たちが「テレビをまるごと信じてた」のと同じですから……

追記

注意にも書いた件。やりすぎと荒らしのコメントではなく多方面のちゃんとした方々からお叱りを受けました。自分のブログを疑えというのは正直でいいけどやりすぎだと。ねつ造を意図的に入れるのはおかしいと言われました。該当スクショは削除しました。ごめんなさい。これからは事実を元にして書いていきます。


7 COMMENTS

丹羽麗子

 

この追記を入れるために一時的に非公開にしました。

注意

ここに紹介してるスクショにねつ造では?と疑うとちゃんとおかしい画像が一つ含まれています。以前の記事にも一つだけ入れました。なぜこんなことをするかというとLINEのスクショだけで信じてほしくない、ちゃんとこの記事を疑ってほしいからです。もちろん本物のスクショばかりです。でもあえて疑うとおかしいという物を入れてあります。

大下側が提出してるLINEのテキストデータもそうですがスクショだってねつ造はできます。(テキストデータのほうがねつ造は遙かに楽です)その可能性をしっかり考えて、真実は自分の目で一次情報や偽造しようがない公的的文書を見て考えるという風にしてください。私たちはそれを頑張りました。私たちのブログを見てただちに「大下周平が嘘をついていた!」というのは間違いです。それは昔の私たちが「テレビをまるごと信じてた」のと同じですから……

返信する
匿名

 

すごいなあこのブログ。ねつ造にすぐ食いつくねつ造馬鹿ホイホイになってる。ブログ主の言いたいことを理解してる人はただ沈黙して考えてるだけでしょうな。応援します。

返信する
匿名

 

捏造陰謀論?

冷静に考えろ。捏造入れるメリットないから。

捏造と本物を比較する記事を書くならわかるが、主張記事に捏造をバレないように入れるって、ふつうの捏造だからwwwwwwwwww

言い訳が馬鹿すぎて草www

返信する
匿名

 

記事冒頭からねつ造バレwww

頑張ってLINE垢作って日付隠して作ったのにねぇ。。。

しかし努力は報われる!画像加工ソフト製作会社に転職できるかもよ!

返信する
丹羽麗子

 

IPアドレスwwwwww

om126200115200.15.openmobile.ne.jp

> 記事冒頭からねつ造バレwww

> 頑張ってLINE垢作って日付隠して作ったのにねぇ。。。

>

> しかし努力は報われる!画像加工ソフト製作会社に転職できるかもよ!

返信する
丹羽麗子

 

追記

注意にも書いた件。やりすぎと荒らしのコメントではなく多方面のちゃんとした方々からお叱りを受けました。自分のブログを疑えというのは正直でいいけどやりすぎだと。ねつ造を意図的に入れるのはおかしいと言われました。該当スクショは削除しました。ごめんなさい。これからは事実を元にして書いていきます。

返信する

コメントを残す