すでに崩壊してる「大下周平さんの12年間無賃金労働」について検証します。ビハイア裁判

2006年から不当な業務委託契約を結ばされ奴隷的な待遇を受けていたという大下さん。本当に12年間無賃金労働をすることが可能なのでしょうか?不当な奴隷的拘束を受けていたというのが大下周平さんと深井弁護士さんの主張です。

記者会見をした次の日に弁護士ドットコムニュースが大下周平さんの記者会見を記事にしています。

大下周平弁護士ドットコムニュース発言2019-06-14171440

「逃げるのにはお金が必要だが、自由に使えるお金がなかった。物理的に拘束されていたわけではないが、実質どこにも行けるような状況ではなかった」と話した。

https://www.bengo4.com/c_5/n_8706/



またサイゾービジネスジャーナルにはこのように取材に答えています。

大下ビジネスジャーナル発言2019-06-18145642



「親との連絡自体もそもそも取るなっていうふうに言われてましたね。年末年始に帰省するとかも、言い出せる雰囲気じゃなかったです」

https://biz-journal.jp/2019/01/post_26408.html

本当に12年間も大下周平さんは実家に帰省することもできなかったのでしょうか?帰省するだけではなく友達と遊ぶこともできなかったのでしょうか?

2006年〜2018年の間、大下周平さんは逃げることも遊ぶことも帰省することもできなかったのでしょうか?でもとある女性から大下周平さんはほんとうかどうかまだわからないのですけど大下周平さんに結婚詐欺の被害にあった、同棲していた家の家賃もすべて私が払っていた、大下さんの借金をたて替えたというメールがネットにアップされていました。さらにそのメールについて大下周平さんに虚偽なら消しますがこのメールは真実ですか?とメールしましたが無視されました。

2006年〜2018年の間、大下周平さんは一切帰省もできず、友達とも遊べなかったのでしょうか?これを突き崩す証拠が一つでも出てきたら大下周平さんの裁判は一気に大下周平さん不利に働きます。裁判は言葉と言葉のぶつけ合いなので

「2006年〜2018年の間奴隷的拘束をうけていたから帰省もできなかった」と言ったけどそれは言い過ぎて「ちょっとくらいは実は帰省してました。」という事実が出たら裁判官は大下周平さんのことを信用しなくなるのではないでしょうか?



裁判において最初に言った発言と後から発言が撤回されると致命的になるでしょう。本来は被告側の清水有高がそれを指摘するはずなのに大下周平さんはネットやマスメディアなどで自ら自爆を繰り返しているように見ます。

さらに言うと先ほどの女性が大下周平さんの借金を立て替えた証拠に「大下周平さんの信用情報」を添付されていたようです。結婚するためには借金が消えないと駄目だと言うことで女性に自分の借金を返してもらったそうです。そのときの書類がこれなのですけど同棲先らしき住所が入っていますこれはビハイアの住所ではないでしょう。

信用情報大下1

とすると大下周平さんの言い分は

「2006年〜2018年の間奴隷的拘束をうけていたから帰省もできなかった」

から

「2006年〜2018年の間奴隷的拘束をうけていたから帰省もできなかったけども女の人とは同棲ができた」

のでしょうか?

ネットには大下周平さんと同棲するための部屋を借りた不動産屋さんとのメールまで公開されています。

川崎メール関連1

このメールに関しても虚偽なら消すか修正しますと大下周平さんにメールしましたが無視されました。

もう一つ大下周平さんはすごい言い方をしています。

「親との連絡自体もそもそも取るなっていうふうに言われてましたね。」



私たちは不思議なのですけど、2006年〜2018年の12年間もの間親への連絡を一切禁止することは可能なのでしょうか?本当に大下周平さんが親に連絡を取っていないとして、あそこまでFacebookやYouTubeで露出してる息子を親は心配して訪ねないのでしょうか?これも不思議でした。

でも大下周平さんはこれから2006年〜2018年の12年間の間「奴隷的拘束をうけて無一文状態あって親に連絡を取ることもできず帰省することもできなかった」と裁判所に主張することになります。

大下周平さんの主張の一つ

「事務所に無理矢理住まわされていた」

はかなり信憑性が低いと思います。

もう一つの大下周平さんの

「無一文状態あったから逃げれなかった」

は清水有高側から出た強烈な証拠によって撤回されています。細かくはこれを見てください。大下周平さんは自分が訴訟されている「600万のお金をビハイア以外から不正に取得した疑い」の裁判でゆうちょ銀行からの大下周平さんの通帳取引データが3〜4年分公開されてしまったのです。

大下周平さんが観念して厚生労働省の記者会見で言ったことを撤回した強烈な証拠とは?ビハイア裁判

https://niwareiko207.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

この証拠のおかげで大下周平さんは

「無一文状態だったから逃げれなかった」

というのがすでに壊れています。つまり12年間無賃金労働をさせられたというのはさすがに嘘なのだと思います。嘘というか本人がお金があったと認めているしその証拠が本人のゆうちょ銀行の取引の履歴なので「無一文状態だったから逃げれなかった」と矛盾しています。

それでも

「2006年から不当な業務委託契約を結ばされて奴隷的拘束を受けていた」

「奴隷的拘束をうけて逃げたかったけど無一文状態だったから逃げれなかった」

と言いいたかった下周平さんの動機はなんでしょうか?

本当にパワハラを受けていたから清水有高に裁判で「反省してほしい」(弁護士ドットコムニュースで裁判の動機をこう発言していた)なら大下周平さんはこんな嘘をつかないと思うのです。

嘘をつく、矛盾すると言うことはそこに

隠したい何か

があるのではないでしょうか?嘘をついてでも「パワハラされた」「お金が払われてない」「莉加さんは清水有高のせいで死んだ」と言いたい理由は何なのでしょうか?

「パワハラされた」

「お金が払われてない」

「莉加さんは清水有高のせいで死んだ」

が大下周平さんの主張です。これが本当に事実ならどうして記者会見をしてまで「嘘」を入れる必要があったのでしょうか?多分

「パワハラされた」

「お金が払われてない」

「莉加さんは清水有高のせいで死んだ」

という主張自体が嘘を入れないと成り立たない裁判なのではないでしょうか?

「パワハラされた」→実はされてない

「お金が払われてない」→実は払われている

「莉加さんは清水有高のせいで死んだ」→実は違う理由がある…



のかな?????と勘ぐってしまいます。もっともこれは何もまだ証拠はなくて補助証拠、状況証拠から見たただの意見です。私たちも考えてる最中なので真実に近いか遠いかはまだわかりません。

大下周平さんの出した訴状

大下周平さんの信用情報

大下周平さんの記者会見や記事になった発言

関係者のメール

の事実をきちんと検証していくとおかしいな?と思うことがたくさん出てきました。


コメントを残す