大下周平と清水有高のネット発言や訴状からお互いを分析比較してみました。ビハイア裁判。

大下周平清水有高比較

大下周平と清水有高のネット発言や訴状からお互いを分析比較してみました。分析したところは

訴状

証拠

ネットの発言

弁護士の対応

記者会見動画

Facebook

Twitter

です。

大下清水比較1

まず大下周平さん側は明確な方針があります。裁判よりも記者会見を優先しています。記者会見の段階で裁判所に証拠添付しなかった物も記者会見で配ったりしています。Twitterやネットでの発言も大量。そのせいで当初の訴状と矛盾することを原告自身がTwitterなどで発言してしまい、裁判前からすでに信用性が揺らいでる部分があるように見えます。

さらに大下周平さんはビハイア時代に使っていたFacebookのアカウントを一括削除しています。桜井悠太さんはTwitterを非公開にしています。発言がとても多いけど削除や非公開も大量にあるのが大下周平さん側です。

大下清水比較2

清水有高側は必要最低限のことしか喋ってくれないので情報が乏しい。しかし発表した情報は証拠に基づき訴状との矛盾もないのです。あと清水有高は不思議なくらい「情報の削除」がありません。会社HPに記載されてた「大下周平さん、莉加さん、桜井悠太さん」の情報も仕事をしてないのにまだネットに残ってる物すらあります。Facebookも消された痕跡がありません。Twitterもない。YouTubeには大下周平さんが登場してる回すら消してません。

あまり発言しない代わりに削除もしないという方針みたいです。訴状も証拠が強い物が添付されています。ゆうちょ銀行弁の大下周平さんの取引の履歴をすべて添付していたりLINEのテキストデーター中心の大下周平さんよりかなり強い証拠がそろっています。

大下清水比較3

記者会見動画を中心に比較

大下清水比較4

明確に情報配信の性格が別れるのが記者会見の動画のアップロードです。大下周平さんは自分でアップしていません。Twitterなどを見てると情報配信は多いように見えます。でも…記者会見の動画は大下周平側は一切アップしていない。清水有高とは対照的。記者からいろいろな質問を受けた部分などもすべてカットされています。

代わりに「清水有高は最悪の犯罪者」「お金が一切なかった」「GPSで監禁状態」「清水有高がかかと落としでオフィスの物を破壊した」という証拠がない主張が1分40秒ほどアップされているだけでした。特に

清水有高は最悪の犯罪者



と発言してるのは一般的な記者会見を超えて民事なのに刑事のような発言をされています。そこまで言うけども記者会見の質疑応答は一切公開されませんでした。

大下清水比較5

大下周平側と対照的で清水有高側は全編ノーカットでアップしてます。すべてノーカットです。新聞記者からの質問もすべて公開。新聞記者から質問されたことは弁護士と清水有高が証拠に基づいてすべて回答するか係争中なので答えられないと発言しています。新聞記者からの質問をコントロールすることはできないので都合の悪い質問などもすべてアップしてます。それにすべて答えています。

びっくりしたのは清水有高から大下周平、桜井悠太、莉加さん両親の名誉を害する発言が一切ないのです。大下周平側が弁護士も含めて「最悪の犯罪者」となぜか民事のに刑事犯罪者扱いして、Twitterで罵詈雑言に見える発言を繰り返してるのに清水有高は同じレベルで反論してないのです。動画は40分近く亜あります。最後のお辞儀まですべてノーカットでアップしてる…こういう方針なんでしょうか?普通は都合悪い部分はカットしたくなってもいいと思うけど…

大下清水比較6

ネットの活動を中心に比較

ネットの発言

Facebook

Twitter

これを掘り下げていきたいです。

大下清水比較7

大下周平さん側は弁護士さんも含めてとにかくネットの発言が大量です。その上訴状との矛盾する発言まであります。大下周平さんがFacebook旧アカウントを削除して新アカウント作成したり、桜井悠太さんがTwitterを非公開にしてます。大量に発言してるせいですでに訴状と矛盾を来しています。都合の悪い物は消したり非公開にしてるようにみえました。

大下清水比較8

清水有高はほとんど発言しない代わりに心配になるくらいTwitterもFacebookもYouTubeも何も動画を消していないです。大量に喋るけど色々消している大下周平側と対照的で「ほとんど喋らないけど消さない」のが清水有高の対応です。さすがに会社HPで大下周平たちが働いている記載は消えたけどもそれでも彼らの写真はまだ残っています。なぜここまで堂々と残すのかわからないけど変に消すよりいいと思います。

大下清水比較9

清水有高を分析したけど

ほとんどマスコミを使わない。伝えることは自分で伝える。ネットの発言もSNSなども消さない。



方針みたいです。

大下清水比較10

大下周平側はマスコミに大量に出る。SNSでもたくさん発言。ただしFacebookアカウントを削除したりTwitterを非公開にしたり不審と感じる動きが多いです。

大下清水比較11

二人の性格を表してるように

対照的に私たちはみえました。

大下清水比較12

清水有高は言葉が少ないだけで矛盾してないように見えるだけなのかもしれない。でも大下周平さん側のように情報を削除したり非公開には一切してない。そこはフェアだと思いました。

大下周平側は言葉が多いのだけどFacebookアカウントをまるごと削除をしたり、Twitterを非公開にしたり、不都合な質問は無視したりしています。ネットだけを見てると大下周平有利に見えますけどすでに大下周平さん自身が裁判を不利に導く発言をしています。そういえば今日ビハイア裁判の期日だったんです。ついに深井弁護士も大下周平さんも今日は裁判!と言わなくなってしまいましたね。


3 COMMENTS

匿名

 

今日はビ・ハイア裁判の期日日だったんですか、自分は全く知らなかったのですが、ブログ主様はどこでその情報を知ったんでしょうか?

返信する

コメントを残す