大下周平は2006年から奴隷的拘束をうけていたのか?写真から検証する。食事編。ビハイア裁判。

ビハイア裁判における大下周平の主張は2006年から奴隷的拘束を受けていた、不当な契約を受けさせられていた、逃げたくても賃金がもらえてなくて物理的に逃げられなかった、という事らしいです。2006年から12年間奴隷的拘束を受けていたらしいです。そういう主張です。

この主張は深井弁護士もTwitterや質問箱で展開されています。

2006年入社当初から2018年まで大下周平氏は奴隷的拘束を受け不当な業務委託契約を結ばされていた。 深井弁護士の質問箱やSNSより参照

大下周平もメディアで答えています。

大下周平 逃げるのにはお金が必要だが逃げられなかった

大下周平で画像検索するとこんな写真が出てきました。これも奴隷的拘束を受けていたときなのでしょうか?さすがにこれはあまりにもおかしいのではないでしょうか?

大下周平桜井悠太写真奴隷的拘束らしい10

大下周平桜井悠太写真奴隷的拘束らしい4

大下周平桜井悠太写真奴隷的拘束らしい11

とても不思議です。そして朝日新聞やいろいろなメデイアはどうして検索したらわかることを大下周平に質問しなかったのでしょうか?よほどそれを覆すような証拠が出てきたら絶対それはメデイアに書かれているでしょう。でもメディアにも訴状にもそのような訴状は一切添付されていません。大下周平は記者会見以降矛盾した発言が目立ちます。もしかしたら記者会見以降のことを考えていなかったのではないでしょうか?深井弁護士うや発言も同じような感想を持ちました

このほかにも大量の写真が証拠として提出されたようです。清水有高の記者会見でそれが語られていました。

清水有高記者会見 YouTube 睡眠禁止


コメントを残す