大下周平は記者会見で成功したと思って記者会見のせいで裁判に負ける?ビハイア裁判とプラダジャパン事件非常に似ている。自分がやった記者会見のせいで裁判まで負けたプラダジャパン事件。

大下周平は記者会見で成功したと思って記者会見のせいで裁判に負ける?ビハイア裁判とプラダジャパン事件非常に似ている。自分がやった記者会見のせいで裁判まで負けたプラダジャパン事件。昨日のブログにも書きましたけど…ビハイア裁判とプラダジャパン事件はとてもよく似てると思います。

purada プラダ

プラダジャパン事件の事件番号は東京地判平 22 (ワ) 10305ほか、です。原告プラダを訴えた元プラダジャパン従業員女性。この原告はパワハラとセクハラを受けて解雇されてそれを不当だとプラダジャパンを訴えました。でも結局パワハラもセクハラもないと言われて敗訴してしまいました。

この原告は訴状を出したときに大下周平と同じように記者会見をして大々的にメデイアに取り上げさせました。プラダはその記者会見の内容が名誉毀損に当たるとして反訴しました。この元従業員は結局自分がやった記者会見のせいで負けてしまうのです。判決文をネットで見たのですけど(後でちゃんとしたものを見に行きたいです。多分図書館に行けばあるはずです。)


「元プラダジャパン従業員女性のマスメディアに対する情報提供の主たる目的が、プラダ会社の業務改善等の公益目的であったと認めることはできず、むしろ、自己の立場を有利にするため世論を味方に付けようという目的であったとみるのが相当である。」

こうやって書かれていました。世論を味方につけるために過激な意見を言ったから、公益目的ではなくて「自己の立場を有利にするため世論を味方に付けようという目的」と裁判所から言われています。お互いの準備書面で何を証拠にしたのかわからないのですけど、これもちゃんと調べてみたいです。でも記者会見をやったせいでこのプラダジャパン従業員女性は逆にプラダから訴えられて負けてしまったみたいです。ちゃんと判決みたいな…それまで確定できません。

大下周平も明らかに記者会見をして「清水有高は最悪の犯罪者」と高田沙代子弁護士に言わせてしまっているので似たような構図に見えます。皆さんはどう思われますか?これを弁護士が言うのは相当まずいです。

高田沙代子弁護士記者会見1

現に大下周平も一時的には世論を味方にしたみたいです。ただ、世論を味方にして裁判で負けたらもうおしまいではないでしょうか?プラダジャパン事件はビハイア裁判と違ってプラダジャパン従業員女性が「明らかに荒唐無稽」だったり「明らかに真実ではなさすぎること」は言ってないみたいです。

それでも負けてしまった。大下周平は「最悪の犯罪者」発言やちょっといくら何でも無理がありすぎる「清水有高が時間以上無言でかかと落としで物を破壊」したという発言があります。これが裁判所に否定されたら…大下周平は世論を騙したと言うことになってしまうからものすごいバッシングを浴びてしまうのではないでしょうか?

訴状を確認した限り清水有高が法的に犯罪者である証拠も添付されていないし、2時間以上無言でかかと落としで物を破壊した証拠映像などもなにもないのです。非常に大下周平は裁判所の法廷の理屈では弱い立場にいると思いますです。

判決文にはこうも書いてました。


「元プラダジャパン従業員女性Aの情報提供は、目的の公共性が認められず、根幹的な部分で真実性ないし真実と信ずるにつき相当な理由が認められないといえるから、その手段・態様の相当性等、他の要素を検討するまでもなく、それを理由とする本件懲戒解雇を解雇権の濫用と評価することはできない。」

「本件懲戒解雇は、「当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合」(労働契約法15条)に該当しないから、有効である。」

「元プラダジャパン従業員女性Aのプラダ会社又はプラダに対する不法行為に基づく損害賠償請求権はいずれも認められない。」

「元プラダジャパン従業員女性Aの情報提供は、目的の公共性が認められず、根幹的な部分で真実性ないし真実と信ずるにつき相当な理由が認められないといえるから、その手段・態様の相当性等、他の要素を検討するまでもなく、それを理由とする本件懲戒解雇を解雇権の濫用と評価することはできない。」

これが一番大下周平が恐れるところではないでしょうか???最悪の犯罪者発言のせいでネットは味方につけたけど、裁判所に「パワハラをなくすための記者会見と言うけど、犯罪者は言い過ぎ。これはパワハラをなくすための記者会見ではなくて私怨を晴らすためでは?」と思われてしまったら記者会見のせいで裁判で負けてしまうのです。

そう思われても仕方ないくらいあの記者会見は法律をちょっと勉強すればするほど行き過ぎだとわかってしまいます。そうなったら深井剛史弁護士、高田沙代子弁護士、山田大輔弁護士も大下周平の道連れになってしまう。どうしてあんな発言を許したのでしょうか?


コメントを残す