「横領した」と断言するだけで名誉毀損になる弁護士。それなら「最悪の犯罪者」発言はどうなるの?ビハイア裁判

わたし達はとにかく大下周平が記者会見で高田沙代子弁護士を使って清水有高を最悪の犯罪者と呼んだことが不思議です。これは名誉毀損になって裁判自体負けてしまいます。実際どれくらいは相手のことをきつく言ってもいいのでしょうか?

高田沙代子弁護士記者会見1

同じ弁護士さんがすごく参考になる意見をネットに書いてくれていました。みずほ中央法律事務所さんです。

みずほ中央法律事務所さんにはこう書いてあります。


1 準備書面に『横領した』と断言で口撃→違法

弁護士は良い意味で依頼者サイドで最大限の権利行使・主張を行うことが使命です。もちろん,個別的な事情により『調整』『手加減』することがあるのは当然です。いずれにしても原則=最大限の攻撃,という設定なのです。ただ攻撃・口撃も限度があります。過剰な口撃,に関するケースを紹介します。

ここにも書いてあるとおり、裁判だから、記者会見だから、といっても何を言ってもいいというわけではないのが大前提のようです。清水有高は最悪の犯罪者発言や清水有高が無言で二時間以上かかと落としをしたというのはそれを超えてるのでは?とわたし達は思うのです。

わたし達は「民事裁判で相手を犯罪者と断言するのは危険なのではないのかな」と思っていましたけどこのみずほ中央法律事務所さんにも同じ事が書かれていました。

準備書面に『横領した』旨の断言的記載をした

ここに書いてある準備書面というのは裁判で自分の主張を書く書類です。


<準備書面に『横領した』旨の断言的記載をした>事案

A弁護士は,準備書面に次のような表現を記載した

準備書面の記載事項

『相手方弁護士らは,被告らから横領することを企て,その実行を共謀した』

『相手方弁護士らはいずれも横領行為の共謀共同正犯または教唆犯もしくは従犯者に該当する』

やっぱり断言は駄目なんですね。裁判に提出する準備書面はほとんど誰も見ないと思うのですけど…わたし達も莉加さんの件がなければ一度も見てなかったし…準備書面で駄目なら記者会見で弁護士が「社長は経営者としての品格も人格も持っていない最悪の犯罪者である」というのは…相当まずいように思うのですけど…どうなんでしょうか?

この準備書面に『横領した』と断言した書面は裁判所がこの準備書面を書いた弁護士に賠償責任を命じています。

<裁判所の判断> あ 訴訟の性質論 民事訴訟は,私人間の紛争解決の場であり,対立当事者が各々の立場から攻撃防御を応酬し合い,それを通じて裁判所を説得し,自己の権利,利益の伸長,擁護を図る場である


<裁判所の判断>

あ 訴訟の性質論

民事訴訟は,私人間の紛争解決の場であり,対立当事者が各々の立場から攻撃防御を応酬し合い,それを通じて裁判所を説得し,自己の権利,利益の伸長,擁護を図る場である

そこでは,利害関係や個人的感情が鋭く対立するのは自然の勢いである

しばしばその主張が過度になるのもやむを得ない面がある

い 事案の評価

記載事実に根拠がない

断定・強調した表現である

表現を執拗に繰り返した

訴訟遂行上の必要性を超えている

正当な弁論活動の範囲を逸脱している

う 結論

違法性は阻却されない

各被害者に対して10万円を賠償する責任を認めた

※大阪高裁昭和60年2月26日

記載事実に根拠がない

断定・強調した表現である

表現を執拗に繰り返した

訴訟遂行上の必要性を超えている

正当な弁論活動の範囲を逸脱している

と書いてますけどビハイア裁判の最悪の犯罪者発言はどうでしょうか?

記載事実に根拠がない



清水有高が法的に見ても刑事訴訟を終えて有罪が確定した犯罪者じゃないと駄目なので根拠がないと言えるでしょう

断定・強調した表現である



社長としての品格も人格も有していない最悪の犯罪者、と断定して強調しています。

表現を執拗に繰り返した



社長としての品格も人格も有していない最悪の犯罪者、と繰り返しています。

訴訟遂行上の必要性を超えている



ここが大きなところで記者会見は訴訟遂行上の必要性が全くいないからよけいビハイア裁判は厳しく判断されるのでは?

正当な弁論活動の範囲を逸脱している



民事事件の相手を犯罪者扱いするのは正当な弁論活動の域を超えていると思います。

法律を科学する弁護士集団 みずほ中央法律事務所から引用させてもらいます。

https://www.mc-law.jp/mc_soudan/18165/

皆さんはどう思われますか?たしかに最悪の犯罪者発言や記者会見で大下周平は味方を増やしましたけど、これが原因で逆に不利になるのではないでしょうか?準備書面に横領したと断定しただけで負けてしまいます。金額にすると10万円ですけど、裁判全体に対する裁判官の印象とかも相当悪化すると思います。本当に不思議なんです。

弁護士がどうしてあそこまで断言したのでしょうか?そしてそれを朝日新聞はどうしてそのまま報道したのでしょうか?ネットの匿名の人々が最悪の犯罪者だ!と叩くのはとてもわかりやすいのですけど、それが弁護士と朝日新聞が一緒になってるというのはどういうことなのでしょうか???あまりにも不自然ですし、社会問題ではないでしょうか?


コメントを残す