清水有高に訴えられたら朝日新聞敗訴の可能性について検証します。同じ裁判長がテレビ朝日に対して似たような判決を出していました。

テレビ朝日

ビハイアの裁判を担当されているのは佐久間裁判長です。この裁判長がテレビ朝日を裁判で敗訴させている判決がありました。テレビ朝日が報道した放火事件の名誉毀損裁判です。はじめてしったのですけど、テレビ朝日の親会社って朝日新聞なんですね、

テレビ朝日に賠償命令 放火事件報道めぐり 佐久間裁判長


 埼玉県警に建造物等以外放火容疑で逮捕された後、不起訴処分となった男性の家族が、テレビ朝日の報道で名誉を傷つけられたとして損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、一部で犯人と断定するような報道があったと判断し、同社に220万円の支払いを命じた。

 判決によると、県警は平成26年11月に男性を逮捕。テレビ朝日は同月、タオルのようなもので口元を覆った人物が放火する様子を記録した防犯カメラの映像を放送し、男性の名前を挙げて「容疑者の姿を捉えた」とナレーションを流した。男性はその後、嫌疑不十分で不起訴となった。

 テレビ朝日は県警などに裏付け取材をしたと主張したが、佐久間健吉裁判長は「放火犯が男性でなかった場合の悪影響は相当大きく、慎重を期した報道をすべきだ」と指摘。映像の人物が男性だとする根拠が不十分だとした。

この裁判の判決はとても気になりました。名誉毀損の裁判は調べれば調べるほど似たようなものでも裁判長によって判決が変わるんです。それだけ複雑なのですけど、名誉毀損は裁判長の判断で結構変わるのだと思います。

この放火事件を報道したテレビ朝日は名誉毀損で敗訴してます。テレビ朝日が放火で逮捕された人を、男性の名前を挙げて「容疑者の姿を捉えた」とナレーションを流したてそれが名誉毀損されているみたいです。この逮捕された人は証拠不十分で不起訴になったみたいです。でも一回逮捕されているのです。その人を「容疑者」としてテレビ朝日が報道しました。容疑者というのは法律では被疑者と言うみたいです。

被疑者・容疑者 警察に捜査されたり逮捕される対象



被告人 逮捕が終わって検察に刑事訴訟を起こされた人



犯人・犯罪者 刑事訴訟で有罪が確定した人

だからテレビ朝日が「容疑者の姿を捉えた」とナレーションで語るのは何も問題がありません。事実を事実として述べているだけで名誉毀損の免責要件である「真実性、真実相当性」は満たしています。

それでもテレビ朝日が負けました。

ではそのテレビ朝日の親会社の朝日新聞は大下周平の記者会見で大下周平側が高田沙代子弁護士を使ってこのように発言しました。この発言は朝日新聞のYouTubeチャンネルに残っています。

高田沙代子弁護士 清水有高は最悪の犯罪者発言

「容疑者を捉えた」と法律の事実をそのまま報道しても負けてしまったテレビ朝日。それならビハイアの裁判は民事裁判なのに相手を有罪が確定したという「犯罪者」扱いしました。それも「最悪の犯罪者」と語っています。しかも同じ裁判長です。同じような判断をするでしょうけど、さらに大下周平や朝日新聞の方が表現としては法律的に見て厳しいように見えるのです…

一つ違いがあるとしたらテレビ朝日は積極的に「容疑者を捉えた」と報道しました、朝日新聞は取材せずに「記者会見を元に書いただけ」です。テレビ朝日のほうが積極的な行為です。朝日新聞は記者会見の録画と編集と記事だけをしました。朝日新聞はテレビ朝日よりも今回については少しだけ消極的です。ここが裁判に影響するかもしれない。でも、しゃべってしまってる高田沙代子弁護士も同時に訴えの対象になると思うから、高田沙代子弁護士は厳しいかも…わからないけど。


コメントを残す