告訴状が受理されてから逮捕されないようにすることはできるのか?示談して逮捕されないのはどんな罪なのか?調べました。

告訴状が受理されてから逮捕されないようにすることはできるのか?示談して逮捕されないのはどんな罪なのか?調べました。清水有高が会社HPで発表していましたが清水有高はとある人に刑事告訴を行ってそれが正式に警察に受理されたそうです。わたし達も調べましたけど告訴状はかならず捜査義務が発生して通常逮捕までいくみたいです。被害届は捜査義務がないのは知りませんでした。

告訴状と被害届の違い ビハイアの経済事件では?2

このブログを見たのですけど刑事告訴状の受理がされても逮捕されない場合があるみたいです。それは被害者と示談交渉をする場合で、なおかつその罪が親告罪かどうからしいです。

刑事告訴されても取り下げてもらえる可能性がある|被害者との示談交渉

参考 弁護士法人プラム綜合法律事務所梅澤弁護士さんブログ https://yourbengo.jp/keiji/570/

親告罪なら示談できて告訴状は取り下げることができるみたいです。その場合、どんな罪なのかわからないとだめです。清水有高はブログにこう書いていました。


C)相手側が起こした民事訴訟は、背任の刑事訴追を逃れる事が目的です。

弊社側は、原告の一人を背任罪の容疑で刑事告訴しています。警視庁は昨年8月、告訴状を正式に受理しました。そうした犯罪容疑への法的責任を追求する手続きを進めていたところ、昨年10月に突然相手側が「パワハラ」などと主張して私を民事提訴した。それが時系列での順番です。

「背任罪の容疑で刑事告訴」と書いてました。背任罪が親告罪なら示談して逮捕されないみたいです。背任罪が親告罪かどうか調べてみました。刑事告発.comさんにはこう書いていました。これによると背任罪はちょっと複雑みたいです。


主要な親告罪の一覧

・名誉毀損罪・侮辱罪(刑法230条・231条)

・未成年略取罪・未成年誘拐罪(刑法224条)

・ストーカー規制法違反の罪(ストーカー規制法法13条)

・リベンジポルノ被害防止法

 (私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)違反

・信書開封罪・秘密漏示罪(刑法135条)

・私用文書等毀棄罪(刑法259条)

・器物損壊罪(刑法261条)

・信書隠匿罪(刑法263条)

・過失傷害罪(刑法209条)

・司法書士法76条2項違反

・精神保健福祉士法44条違反

・臓器の移植に関する法律23条1項違反

・特許法202条の2 1項違反

・夫婦間や直系血族又は同居の親族以外の親族による以下の犯罪

窃盗罪、不動産侵奪罪、詐欺罪、恐喝罪、電子計算機使用詐欺罪、背任罪、準詐欺罪、横領罪、業務上横領罪、遺失物等横領罪、私用文書等毀棄罪、器物損壊罪、信書隠匿罪(同法251条・244条2項・255条・264条)

参考 http://www.xn--4rra073xdrq.com/z18.html

この場合は親告罪になるみたいです。

・夫婦間や直系血族又は同居の親族以外の親族による以下の犯罪

窃盗罪、不動産侵奪罪、詐欺罪、恐喝罪、電子計算機使用詐欺罪、背任罪、準詐欺罪、横領罪、業務上横領罪、遺失物等横領罪、私用文書等毀棄罪、器物損壊罪、信書隠匿罪(同法251条・244条2項・255条・264条)

簡単に言うと家族だったら親告罪になるという事みたいです。家族なら背任とか詐欺とか恐喝があっても示談したら告訴状は取り下げることが可能のようですが・・・今回はどう考えても清水有高が告訴したのは家族ではないでしょう。「弊社側は、原告の一人を背任罪の容疑で刑事告訴しています。」と書いてました。清水有高を訴えてる中に清水有高の親族はいません。

そうすると示談しても逮捕には影響がないと言うことなのですね。他人の物を盗んだ窃盗罪は親族間や夫婦なら示談したら告訴状が取り下げられるけど他人なら後から仲直りしても警察は罪は罪として逮捕するみたいです。考えてみたら当たり前ですか…示談したら逮捕が免れるなら極端な話殺人や強盗でも示談したら逮捕されない…ということにはならないですもんね。

通常告訴状はなかなか受理されないみたいです…逆に受理されたと言うことは相当警察も問題視したということなのでしょうか。この件は想像でしかないのですけど、一体何が起こったのでしょうか…パワハラで訴えた側が経済犯罪で逆に告訴されて受理されたなんて他にあるんでしょうか。調べてみたいと思います。

告訴状(及び告発状)は警察に提出しても受理されにくい

画像 弁護士法人プラム綜合法律事務所梅澤弁護士さんブログ https://yourbengo.jp/keiji/570/

今回の記事は刑事告訴状についての法律とかを調べてみただけです。誰かを犯罪者と特定したいわけではありません。わたし達が関心を持って調べている中に刑事告訴状の受理があったので刑事告訴状の受理の後の流れについて調べたくて勉強した結果を書いただけです。

たしかに原告の一人が告訴されたようですけど、逮捕されて起訴されて有罪が確定するまではまだ犯罪者ではありません。無罪になる可能性も低いかもしれませんがあります。その可能性をわかった上でこの文章を読んでください。


コメントを残す