ビハイア裁判。大下周平とその弁護士達の発言の根拠のなさと矛盾点。記者会見編。

匿名の人たちがネットであいつは犯罪者、と断言することがあります。それは名誉毀損になります。本当に犯罪者でも多くの人に本当のことを伝えても名誉毀損になる場合があります。

では事実ではないことを多くの人の前で言ったらどうなるでしょうか?しかもそれが弁護士が言ったらどうでしょうか?わたし達はそれはさすがにあり得ないとともいます。でもあり得ないことが起きています。

証拠なしで断言する弁護士達

わたし達がわたし達の旧ブログで書いていたときから不思議に思ってるのが大下周平側弁護士の高田沙代子弁護士と深井剛志弁護士の記者会見での発言です。

発言はこの二つです。朝日新聞のYouTubeチャンネルに記者会見の動画で残っています。いずれも清水有高に対して言っている発言です。

“高田沙代子弁護士”

社長は経営者としての品格も人格もない最悪の犯罪者

“深井剛志弁護士”

社長は2時間以上無言でかかと落としで物を破壊した
ポイント
この発言のどちらも証拠がない。そもそも民事裁判に犯罪者はいない。かかと落としを2時間以上無言でやるのはプロの格闘家でも不可能です。

この二人の弁護士の発言について提出された訴状(訴状は誰でも裁判所に行けば読めます)を見ると一切この発言を裏付ける証拠がついていないのです。証拠がないのにどうしたらこんな記者会見したのですか?とわたし達は大下周平にメールして聞きました。その結果は

“大下周平”

無回答・返事なし

一切返事がありませんでした。

ポイント
大下周平に事実確認をしても基本無視されます

大下周平はとにかく矛盾する発言が多いんです。無一文じゃなくてゆうちょ銀行に600万近い入金がビハイア以外からあったのに大下周平は「ビハイアのせいで無一文状態あって、奴隷的拘束をうけいた。お金がないの逃げれなかった」と記者会見で言っています。でも、600万あったのです。

詳しくはこちらを読んでください。

ビハイア裁判・誰でもわかる大下周平の記者会見とその後の発言の矛盾 お金編

原告である大下周平がこんなに矛盾を抱えていて、その代理人である深井剛志弁護士と高田沙代子弁護士が証拠なしでこんなことを言っています。どう考えても不自然なんです。

原告と代理人の弁護士の不自然な点
  1. 記者会見での発言に明らかな矛盾がある
  2. 裁判の記者会見での弁護士の発言に証拠がない
  3. 矛盾点をメールで聞くと全部無視される

そして一番おかしい。社会問題だと思うのがこれを報道した朝日新聞の姿勢です。

朝日新聞のおかしさ
自分が作成した記事に明らかな矛盾や事実と違う事が出てきても一切報道しない。

朝日新聞にわたし達も連絡しましたが無視されました。ビハイア裁判はとにかく原告も代理人の弁護士も不自然な点が多いんです。それなのに世間では朝日新聞の報道だけを信じてテレビ番組とかが作られたんです。これは社会問題ではないでしょうか?

1 COMMENT

匿名

名誉毀損よりも侮辱罪の可能性の方が高いですよ。本当のことを言って罪になるのが名誉毀損。本当じゃないことを言って罪になるのが侮辱です。どちらも民法刑法両方で責任をとらされます。

返信する

コメントを残す