ビハイア裁判。大下周平の矛盾・女性編。大下周平さんと太田ひかりは2017年12月21日何をされていましたか?

ビハイア裁判。大下周平の矛盾。大下周平さん2017/12/21(木)あなたは何をしていましたか?平日ですね。昼間ですね。これは大下周平と現在の奥さんのLINEのやり取りです。

昨日の記事でこれを書きました。今回はこれを掘り下げって現在の奥さんとの関係について大下周平が言っている矛盾点を書きます。

ビハイア裁判・誰でもわかる大下周平の記者会見とその後の発言の矛盾 恋愛編

 

 

ポイント
このやり取りはすべて大下周平がビハイアにいた頃、裁判を起こす前のやりとりです。

これをわかった上で

MEMO
これは2006年から2018年までビハイアに奴隷的拘束をされていたと主張する大下周平のLINEのデータを再現し見やすくしたものです。

として見てください。

すべて2017年12月21日のやり取りです。

大下周平

13:03 やほーい。そろそろ神保町の駅なんだけど店はどんな感じ?昼ごはん食べた?
13:04 あ、食べましたー。

太田ひかり

大下周平

13:03 やほーい。そろそろ神保町の駅なんだけど店はどんな感じ?昼ごはん食べた?
13:05 あら…でも、出せるようなものもないんですよね…(´-ω-`)

太田ひかり

大下周平

13:07 買い出しに行くしか!って近くに何もないか
13:09 ないですねー

太田ひかり

大下周平

13:0 とりあえず適当に買って行くかな。お菓子とかいる?

このLINEのやり取りのすべては亡くなった莉加さんが手に入れていました。亡くなった大山莉加さんは大下周平の不正を調べていました。亡くなる前に受け取った証拠の一部にLINEのデータがありました。

全部はここにあります。長いので一部を公開しました。

莉加さんが手に入れていたものの一部を公開します。LINE O氏嫁・ひかりとのトーク履歴。

このやり取りをスマートフォンで自由にやり取りができて、自由に外出ができて、女性とデートに行ける大下周平は「奴隷的拘束をうけて無一文状態にあった。」「清水有高に監禁されていた」と記者会見をして朝日新聞などが記事にしました。

ポイント
このLINEのやり取りは大下周平が「プライベートなやり取りを公開するな。」とメールで脅してきました。

このやり取りが真実だったら大下周平の言って言えることは明らかに記者会見と矛盾するのでわたし達は問い合わせてみました。でも、それについては答えてもらえず、ただ「消せ」という連絡だけが来ました。

大下周平

プライベートなやり取りを公開するな。ただし他の質問には答えない。ただ、消せ

実際にはこんなに短い文章ではなかったですけど、要するにこんなのでした。

大下周平自身が「自分のLINEだ」と認めました。ではどうして記者会見と矛盾する話を大下周平は言ったのでしょうか?

この記事は大下周平への個人攻撃をしたいのではないです。こんなすぐわかる事を朝日新聞や弁護士ドットコムニュース、ハフィントンポストはどうして取材しなかったのでしょうか?そしてどうして間違っているなら訂正記事を書かないのでしょうか?

なお、この太田ひかりは大下周平と入籍済みで結婚式を挙げています。あまりにも記者会見と食い違いすぎるので修正発言をされた方がいいのではないでしょうか。

4 COMMENTS

匿名

2006年から2018年までビハイアに奴隷的拘束をされていたなんて、誰が言ったんでしょうか?
普通のやり取りですし、拘束と時期がずれてるだけでは

返信する
niwareiko

大下周平と大下周平の弁護士が言ってました。記者会見でも発言しています。記事にも残っています。大下周平の主張は「2006年から不当な契約を結ばされた。逃げたくてもお金がなくて逃げれなかった」です。

返信する
匿名

2006年から不当な契約を結ばされたという大下周平。2017年12月にラブラブwwwこれが普通のことなら祝福できるけど、世間に対して「私は奴隷だった」と言ってる人間が言うのだから異常。つまり大下が普通に生きていたらすべて裁判と矛盾すると言うことwww

返信する

コメントを残す