ビハイア裁判。大下周平の矛盾。大下周平の主張が裁判所で負ける可能性が高いわけ。

大下周平の言っていることはすでに矛盾だらけで破綻しています。そう破綻してしまってるんです。どう考えても矛盾だらけです。どうしてメディアはこれをちゃんと取材しないのでしょうか?でもわたし達はわたし達なりに大きすぎる矛盾、大きすぎる嘘は見えなくなるのだと思いました。そのことについて書きます。

大下周平は記者会見で「奴隷的拘束をうけて無一文状態にあった。逃げたくてもお金がないから逃げれなかった」と言っています。(弁護士ドットコムニュース記事)ではいつから「奴隷的拘束をうけて無一文状態にあったのか?いつからにげれなかったのか?」が疑問になります。それは深井剛志弁護士がTwitterで答えています。「2006年から大下周平は不当な業務委託契約を結ばされていた。」という。

MEMO
この二人の発言を合わせると2006年から不当な契約を結ばされていて逃げるに逃げられなかったと言うことになるけど…

大下周平

「逃げるのにはお金が必要だが、自由に使えるお金がなかった。物理的に拘束されていたわけではないが、実質どこにも行けるような状況ではなかった」弁護士ドットコムニュースより

深井剛志弁護士

「2006年から大下周平は不当な業務委託契約を結ばされていた。」深井弁護士Twitterを参考

2006年から不当な契約を結ばされて、奴隷的拘束をうけていて、やめたくてもやめれなかったのはなぜか?それを大下周平はこう言っています。

「逃げるのにはお金が必要だが、自由に使えるお金がなかった。物理的に拘束されていたわけではないが、実質どこにも行けるような状況ではなかった」弁護士ドットコムニュースより

大下周平

矛盾1
お金ありますよね?

大下周平は少なくとも600万円ゆうちょ銀行にもっていました。そしてKさんという女性から結婚するためにと言って300万円お金を借りています。(そのご結婚はしていなくて別の人と結婚)ゆうちょ銀行は大下周平の不正取引を調べるために弁護士からの要請を受けて大下周平の不正の取引履歴をすべて公開してしまいました。

当然ビハイアはこれを裁判に提出すると思います。大下周平は裁判所でこの裁判官のこの疑問を晴らす必要があります。

600〜900万円も持っていて無一文とはどういうことか?

裁判官

この時の証拠はおそらくこの3つです。

  • ゆうちょ銀行が正式に協力して出た不正の取引履歴
  • 過去付き合っていた女性の証言と大下周平に払った証拠
  • 多分ビハイアから出されてるだろう大下周平に払った証拠類

大下周平はどう答えるでしょうか?

大下周平

・・・・・・600万持っていたけど逃げれなかった

かなり苦しいですけどこうなるでしょう。

では無一文状態だから逃げれなかったというのは嘘と言うことでいいのですね?

裁判官

あと彼に言えるのはこんなことくらいでは?

大下周平

陰謀だ!ゆうちょ銀行のデータはゆうちょ銀行が清水有高と協力して作ったねつ造データだ!
注意
裁判というのは最初の主張がとても大事になります

大下周平は弁護士と一緒に最初にこういう主張をしてしまいました。

大下周平

「逃げるのにはお金が必要だが、自由に使えるお金がなかった。物理的に拘束されていたわけではないが、実質どこにも行けるような状況ではなかった」弁護士ドットコムニュースより

あとから

大下周平

ビハイアからは1円ももらっていなかったけど他からはお金をもらっていた。ビハイアからお金が欲しいだけ

と主張を変えても

最初になぜ嘘の主張をしたんだ?

裁判官

と裁判官に思われるので勝てないでしょう。そしてそもそも12年間無賃金労働をすることが可能ですか?おそらく裁判が進めばビハイア側から12年間賃金を支払った証拠が出てくるでしょう。すでに大下周平の矛盾によって裁判は負けつつありますけど、さらにその証拠が出てきたら

無一文状態あったのは嘘。と言うことは他も嘘では?

裁判官

と裁判官は思うでしょう。メディアに大々的に報道されていた「5分ごとの起きてますLINE」も結局訴訟した段階では大下周平は証拠として添付していません。

ポイント
矛盾だらけの大下周平と深井剛志弁護士はどうして自信満々だったのか?

ネットの発言を見ているとこれだけ矛盾を抱えているのに大下周平は記者会見をしたり、Twitterで「莉加さんの仇を討つ」と自信満々でした。これはどうしてなのでしょうか?

これはわたし達は逆に考えると納得ができます。大下周平は矛盾がないから自信満々だったのではなく、矛盾を隠すためにも自信満々に見せる必要があったのです。

矛盾を隠すためにも自信満々に見せる必要があった

自分の言ってることに矛盾があるから自信満々で、メディアも味方につける必要があったのです。皆さんはどう思われますか?少なくとも彼が言ってる「奴隷的拘束をうけて無一文状態にあった。」のは完全に破綻している発言になっています。

この記事は大下周平への個人攻撃をしたいのではないです。こんなすぐわかる矛盾があるのに朝日新聞や弁護士ドットコムニュース、ハフィントンポストはどうして取材しなかったのでしょうか?そしてどうして間違っているなら訂正記事を書かないのでしょうか?これは報道の問題、社会問題だと思います。わたし達はその社会問題のために書きました。

記者会見までしてこんな矛盾のあることを言うのかと普通は考えません。だけどそうなっています。私たちは大きすぎる矛盾の前に「そんなはずはない」という思い込みがあるのかもしれません。

最後に大下周平のtweetをご覧ください。

大下周平は矛盾があった場合「自分は詐欺師だ」と言い切っています。

コメントを残す