ビハイア裁判大下周平側深井剛志弁護士のツイートはちょっと偏りがあるのでは?

ビハイア裁判大下周平側深井剛志弁護士は自分を認めて賞賛するツイートには返事して、全うで冷静な意見は無視するのでしょうか?レペゼン地球パワハラねつ造商法について深井剛志弁護士がツイートしていてそう感じましたた。

まずこれがレペゼン地球パワハラねつ造問題について深井さんがつぶやいたツイートです。レペゼン地球がパワハラをねつ造して炎上商法のように利用したことに対して憤っています。

“深井剛志弁護士”

趣味悪すぎで、やってる奴らも賞賛している奴らも、最低以外いいようがないな。

とかなり強い口調で言っています。お気持ちはわかるのですが弁護士としてあまりに言葉が強すぎませんか?そして深井剛志弁護士に対して賛同するツイートに対してこう答えています。

“深井剛志弁護士”

似たような被害に遭ったことのある人、全てを冒涜する、卑劣な行為ですね

このようにツイートされています。

MEMO
冷静な意見にはなぜ答えないのだろう?

でも、一見するとかなりまともで冷静な意見に対しては無回答です。

このツイートに深井剛志弁護士は何も答えていません。

“深井剛志弁護士”

ノーコメント

無回答なんです。最低だ、卑劣だ、趣味悪すぎだ、というのは弁護士の仕事なのでしょうか?むしろ、この匿名の方の意見の方が冷静のように見えるんです。ちょっと意見が偏りすぎではないでしょうか?法律という論理を扱う人なのに心配になってしまいます。

この匿名の方が言われるように「思想良心の自由は保障」されてます。国から圧力が加わらないように保障されてるんです。自由を保障してくれてるのは法律なんです。その法律を扱うのが弁護士のはずなんですけど…弁護士だって何を言うのも自由、と言う意見もあると思うのですけど、ちょっと偏りすぎではないでしょうか?

レペゼン地球パワハラ問題について知らない人はこちらを読んでみてください。

ビハイア裁判はどうなの?レペゼン地球パワハラねつ造問題をみて考える。

コメントを残す